Gentoo Logo

Gentoo Linux ATI FAQ

目次:

1.  ハードウェアサポート

私のATIボードはサポートされていますか?

たくさんのATIボード(しかし全部ではありません)の少なくとも2Dアクセラレーション機能はxorg-x11でサポートされています。 3D機能はxorg-x11の一部であるDRIプロジェクトか、ATIのソース未公開のドライバによって提供されています。

GPU 一般名 サポート
Rage128 Rage128 xorg DRI
R100 Radeon7xxx, Radeon64 xorg DRI
R200, R250, R280 Radeon8500, Radeon9000, Radeon9200 xorg DRI, ATI DRI
R300, R400, R500 Radeon 9500 - x800 xorg 2D, ATI DRI

私はAll-In-Wonder/Vivoボードを持っています。これらのボードのマルチメディア機能はサポートされていますか?

マルチメディア機能はGATOSプロジェクトによってサポートされています。 これらのドライバはまもなくxorgツリーに取り入れられます。

私はx86ベースのアーキテクチャを使っていません。どんな方法がありますか?

X11はPPCやAlphaプラットフォームでもx86とほとんど同じようにサポートされています。 ですが、ATIのソース未公開のドライバはPPCやAlphaをサポートしていないため、R300グラフィックプロセスユニット(GPU)の3D機能を使うことは出来ません。 もしあなたがそのようなカードを持っていてX11でサポートして欲しいのであれば、ATI にスペックを公開するようにお願いしましょう。 AMD64向けのソース未公開のドライバはリリースされているので、AMD64ユーザはx86ユーザと同じ機能を使用することが出来ます。

重要: AMD64チップセットでagpgartを有効にするために、K8 IOMMUサポートを無効にしなければなりません。

ノートパソコンのATI Mobilityシリーズはサポートされていますか?

サポートされていると思いますが、チップが持っている番号がOEM PCIのものであるため、設定に問題が出るかもしれません。 ほとんどの場合、自分で設定ファイルを書くかxorgconfigユーティリティを使うことになるかもしれません。

2.  インストール

パッケージ

  • xorg-x11ebuildはX11を提供します。
  • 2.6.xカーネルでは、DRIモジュールはカーネルでビルドするか、x11-drmebuildによって提供されます。
  • 2.4.xカーネルシリーズではx11-drmebuildを使用しなければいけません
  • ati-driversebuildは、ATIのソース未公開のXドライバと、2.4と2.6シリーズカーネルの両方用のカーネルモジュールを提供します。

重要: ATIの内部agpgartサポートをLinuxカーネルの物の代わりに使用したいなら、カーネル設定内のagpgartドライバとチップセット特有のドライバはモジュールとしてビルドしなければなりません。

コード表示 2.1: ドライバのインストール

(X11にRage128ドライバとモジュールをインストールしたい場合)
# VIDEO_CARDS="rage128" emerge x11-drm
(Radeonシリーズの場合)
(R100、R200、R250、R280のみで、まだR300はサポートされていません)
# VIDEO_CARDS="radeon" emerge x11-drm
(ATIのソース未公開のドライバをインストールする)
(R200、R250、R280、R300のみ)
# emerge ati-drivers
(X11のみをインストールし、どのカーネルモジュールもインストールしない場合)
# emerge xorg-x11

設定

xorg.conf設定ファイルの作成のためにxorgcfgxorgconfigを使用することが推奨されています。 その他には、Xorg自動設定オプションを使ってもよいでしょう。

コード表示 2.2: Xの自動設定

# X -configure

基本的な設定ファイルであるxorg.confについてもっと知りたい場合は、X サーバー設定ガイド(日本語訳)を参照してください。

注意: ati-driversパッケージをインストールしたのならfglrxconfigも使うことができます。

重要: PPCユーザはXorgautoconfigebuildをemergeし、スタンドアロンな設定ツールであるXorgautoconfigを使うこともできますが、必須ではありません。

OpenGLへの切り替え

Xがインストールされ、設定が完了し、起動しているのなら、ATI OpenGLライブラリを使用することが出来ます。

コード表示 2.3: eselectの実行

# eselect opengl set ati

3.  他の情報

ATIのグラフィックカードを設定するより多くの情報については、Hardware Acceleration Guide(日本語訳)をお読みください。

Gentoo LinuxとATI Radeonバイナリドライバに関するより多くの情報はWedge Unofficial Gentoo ATI Radeon FAQで見ることが出来ます。



印刷

ページの更新日 2006年 5月 14日

この翻訳はすでにメンテナンスされていません。

要約: このFAQはATIボードにおける、DRIとX11に関するインストールと設定の問題をユーザが回避するお手伝いをします。

Luca Barbato
Author

Jorge Paulo
Editor

Tiemo Kieft
Editor

TaMi
翻訳

小林弘樹
翻訳

Donate to support our development efforts.

Copyright 2001-2014 Gentoo Foundation, Inc. Questions, Comments? Contact us.