Gentoo Logo

Gentooハンドブック

目次:

1.  Gentooハンドブックへの取組み

利用可能な各言語版

Gentooハンドブックは以下の言語で利用できます。

ドイツ語 | 英語 | フランス語 | イタリア語 | 日本語 | ポーランド語 | 簡体中国語 スペイン語 |

はじめに

Gentooハンドブックのページへようこそ。このページは、Gentooハンドブックについて説明し、ハンドブックに関する疑問のほとんどにお答えできるでしょう。ハンドブックの背景にある考え方、現在の状況、将来の計画、バグレポートの取り扱い方法などについてお話します。

2.  ハンドブックの見方

フォーマット 説明 リンク
HTML 最新版、各章ごとに1ページの形式、オンラインで参照するのに最適です x86, sparc, amd64, ppc, ppc64, alpha, hppa, mips, ia64, arm
HTML 最新版、すべての内容を1ページにした形式です x86, sparc, amd64, ppc, ppc64, alpha, hppa, mips ia64, arm
HTML 最新版、すべての内容を1ページにした形式で、印刷向けです x86, sparc, amd64, ppc, ppc64, alpha, hppa, mips, ia64, arm

訳注: 現在、最新版のx86以外のアーキテクチャ向けハンドブックは、アーキテクチャに依存する部分が未訳となっているものがあります。

リリース版CDを使用してネットワーク接続なしでのインストール手順が記述されているリリース版毎のハンドブックもあります。 ネットワーク接続なしでのインストールすることに関心があるなら、対象のアーキテクチャ向けのGentoo Linux 2008.0ハンドブック(英語)を見てください。

過去のリリース

歴史的な理由で、(2004.2からの)過去のリリース向けのハンドブックも残してあります。 個々のページの印刷用バージョンは、ページの先頭の右隅にある"Print"リンクを通して、表示することができます。すべての内容が1ページの形式を表示するには、URLに?full=1を追加してください。

警告: これらのハンドブックは、保守されません

リリース アーキテクチャ
2004.2 alpha, amd64, hppa, mips ppc, sparc, x86
2004.3 amd64, hppa, ppc, sparc, x86
2005.0 alpha, amd64, hppa, ppc, sparc, x86
2005.1 alpha, amd64, hppa, ppc, ppc64, sparc, x86
2006.0 alpha, amd64, hppa, ppc, ppc64, sparc, x86
2006.1 alpha, amd64, hppa, ppc, ppc64, sparc, x86
2007.0 amd64, hppa, ppc, ppc64, sparc, x86
2008.0 amd64, hppa, ppc, ppc64, sparc, x86

3.  ハンドブックについての情報

最終目標

Gentooハンドブックの目標は、Gentoo Linuxをあらゆる角度から解説する一貫したドキュメントを作成することです。あらゆるアーキテクチャ、すべてのインストール方法、すべてのユーザに対応するように、既存のガイドを一冊の整合性のあるブックにまとめています。メンテナンスしやすいだけでなく、ユーザにとっても、他のアーキテクチャを別ものとして感じないほど、各アーキテクチャ間にはほとんど違いがないことが分かるでしょう。

私たちにとっては、わかりにくいことについて詳細に述べたり、より多くの例を提供することができるようになります。読みやすくするため、無理矢理一画面分に収まるように文書を書く必要もありません。

現在の状況

現時点では、第4部Gentooネットワーク設定が完成し、公開されています。この第4部は、現行の安定版baselayout向けのネットワーク設定の選択肢について詳細に踏み込んだ内容となっています。

ハンドブックの製作に興味があるなら、gentoo-docメーリングリストにフィードバックしてください。(訳注: ハンドブックの日本語翻訳に興味があるなら、GentooJPドキュメントメーリングリストに参加してください。参加方法は、GentooJP翻訳プロジェクトを参照してください。)

バグレポートと改善要求

ハンドブックに間違いを見つけたら、Gentoo Linux Bugzillaに行って、Documentationカテゴリ、Installation Handbookコンポーネントでバグを報告してください。(訳注: 日本語訳に関しては、BugzillaJPに行って、Documentプロダクト、Gentoo Documentationの翻訳コンポーネントでバグを報告してください。)

4.  よくある質問(FAQ)

選択したものからハンドブックを魔法のように動的に生成することはできませんか?

もちろん可能ですが、いくつかの理由で行わないことにしました。

ガイドをメンテナンスするのが、 今よりもはるかに大変になるでしょう。 バグレポートに対して間違いのない対応をするのが困難であるばかりでなく(何を選択したかの情報を示してくれるバグレポートは、あまりないでしょう)、ガイドを分かりやすく書くのも、より難しくなるでしょう。そうしたことよりも、ハンドブックの内容や整合性などに力を注ぐべきでしょう。

現在はオンラインバージョンしかありませんが、PDFバージョンなど別のフォーマットも製作しています。もしすべてのアーキテクチャや選択肢ごとにPDFを生成していたなら、一部のセクションだけが違うPDFを、やたらとたくさん提供しなければならなくなったでしょう。まさにリソースの無駄遣いです :)。

ユーザがする選択は、いたるところでなされます。これではユーザがハンドブックの印刷だけをするというのは難しくなります。印刷する前に、まずすべての選択肢を提示しなければならず、そしてこれを一度に選択するのはひどく面倒なので、おそらく印刷することをやめてしまうでしょう。

Gentooハンドブックは"Gentooインストール"のみではありません。これは第一部ですが、後に続くすべての部は、ユーザがした選択には関係ありません。インストールの説明のためだけにハンドブックを動的に生成するのは、やり過ぎでしょう。

説明をオプションごとに別々にしないことで、ユーザは別の選択をした場合の結果を簡単に知ることができます。ユーザにとってはインストール説明をよく見通せることになるのです。

Gentooハンドブックでstage1の情報が見当たりません

現在stage1やstage2 tarballを使用する説明はGentoo FAQ(日本語訳)にあります。 現時点でstage3を使うインストールが、唯一サポートされているインストール方法です。

私は、...について反対します

あなたの考えを知らせてください。ただし、建設的な意見もなしに反対するだけでは、状況は変わりません。ドキュメントは、コミュニティのために作成されており、よってコミュニティからの意見はたいへん歓迎されます。

ですが、ドキュメントの製作に関するほとんどの意思決定は、大多数の合意に基づいてなされることを理解しておいてください。誰もが満足するような方法でドキュメントを書いたり、構成することは不可能です。現状のものの方が、大多数の人に有益であるはずという理由で、あなたの意見が採用されないかもしれませんが、その覚悟だけはしておいてください。



印刷

ページの更新日 2008年 6月 14日

このドキュメントのオリジナルバージョン の更新日は2013年 12月 17日

要約: Gentooハンドブックの目的は、ドキュメントを一貫性のあるハンドブックに集めるためにあります。 このハンドブックには、インターネット接続を使用したインストール方法と、GentooやPortageの使いこなし方に関するパートあります。

Sven Vermeulen
Author

おぎうち やすお
翻訳

五十嵐 正尚
翻訳

Donate to support our development efforts.

Copyright 2001-2014 Gentoo Foundation, Inc. Questions, Comments? Contact us.