Gentoo Logo

[ << ] [ < ] [ ホーム ] [ > ] [ >> ]


5. 環境変数

目次:

5.a. 環境変数とは

環境変数とは何か

環境変数とは、さまざまなアプリケーションから使用される情報を保持した名前付きオブジェクトです。 という説明をされても、多くのユーザー(特にあまりLinuxに慣れていない人)にとっては、 意味不明だったり、使いどころがないように思われるかもしれません。でも、それは違います。 環境変数を使うことで、さまざまなアプリケーションの設定を簡単に変更することができるのです。

例(重要)

以下の表は、Linuxシステムで使用されるいろいろな環境変数とその説明です。 具体的な環境変数の値については表の後でお見せします。

変数名 説明
PATH この変数には、システムが実行ファイルを検索する際に用いられるディレクトリがコロン区切りで格納されています。 入力した実行ファイル名(たとえばlsrc-updateemergeなど)がこの変数で設定された場所に見つからない場合、 そのファイルを実行することはできません(ただし、 たとえば/bin/lsのようにコマンドをフルパスで入力した場合はその限りではありません)。
ROOTPATH 機能としてはPATHとほぼ同じですが、この変数の場合、 rootユーザーがコマンドを入力するときのみ調べる必要があるディレクトリだけがリストされています。
LDPATH この変数には、ダイナミックリンカがライブラリを検索する際に使用するディレクトリが、 コロン区切りで格納されています。
MANPATH この変数には、manコマンドがマニュアルページを検索する際に使用するディレクトリが、 コロン区切りで格納されています。
INFODIR この変数には、infoコマンドがinfoページを検索する際に使用するディレクトリが、 コロン区切りで格納されています。
PAGER この変数には、ファイルの内容を表示するときに使うプログラム(たとえばlessmore)のパスが格納されています。
EDITOR この変数には、ファイルの内容を編集する際に使われるプログラム(たとえばnanovi)のパスが格納されています。
KDEDIRS この変数には、KDEに特化したファイルを収めたディレクトリが、 コロン区切りで格納されています。
CONFIG_PROTECT この変数には、Portageがパッケージのアップデートを行う際に保護する必要のあるディレクトリが、 スペース区切りで格納されています。
CONFIG_PROTECT_MASK この変数には、Portageがパッケージのアップデートを行う際に保護してはいけないディレクトリが、 スペース区切りで格納されています。

以下、これまでに説明したすべての変数の定義例を示します。

コード表示 1.1: 定義例

PATH="/bin:/usr/bin:/usr/local/bin:/opt/bin:/usr/games/bin"
ROOTPATH="/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/usr/local/sbin:/usr/local/bin"
LDPATH="/lib:/usr/lib:/usr/local/lib:/usr/lib/gcc-lib/i686-pc-linux-gnu/3.2.3"
MANPATH="/usr/share/man:/usr/local/share/man"
INFODIR="/usr/share/info:/usr/local/share/info"
PAGER="/usr/bin/less"
EDITOR="/usr/bin/vim"
KDEDIRS="/usr"
CONFIG_PROTECT="/usr/X11R6/lib/X11/xkb /opt/tomcat/conf \
                /usr/kde/3.1/share/config /usr/share/texmf/tex/generic/config/ \
                /usr/share/texmf/tex/platex/config/ /usr/share/config"
CONFIG_PROTECT_MASK="/etc/gconf"

5.b. グローバルな環境変数を設定する

/etc/env.dディレクトリ

各環境変数を一ヶ所で定義できるようにするため、Gentooは/etc/env.dディレクトリを導入しました。 このディレクトリの中には、たとえば00basic05gccなど、 いろいろなファイルが入っていると思います。それぞれのファイルには、 そのファイル名が表すアプリケーションに必要な環境変数が格納されています。

たとえばgccをインストールすると、 05gccという以下のような変数を定義したファイルが、 ebuildにより生成されます。

コード表示 2.1: /etc/env.d/05gcc

PATH="/usr/i686-pc-linux-gnu/gcc-bin/3.2"
ROOTPATH="/usr/i686-pc-linux-gnu/gcc-bin/3.2"
MANPATH="/usr/share/gcc-data/i686-pc-linux-gnu/3.2/man"
INFOPATH="/usr/share/gcc-data/i686-pc-linux-gnu/3.2/info"
CC="gcc"
CXX="g++"
LDPATH="/usr/lib/gcc-lib/i686-pc-linux-gnu/3.2.3"

他のディストリビューションの場合は、/etc/profileなどのファイルに書かれた環境変数を変更したり新たに環境変数を定義したり、といったことを求められます。 Gentooの場合、環境変数の維持や管理がユーザーにとって(そしてPortageにとっても)簡単に行えるようになっており、 環境変数が格納される可能性のあるいくつものファイルそれぞれに、 注意を払う必要がありません。

たとえばgccが更新された場合は、 ユーザーが指一本動かすことなく、/etc/env.d/05gccも同時に更新されます。

これはPortageにとって便利であるばかりでなく、ユーザーであるあなたにとっても便利です。 場合によっては、システム全体に特定の環境変数を設定する必要に迫られることがあるでしょう。 たとえばhttp_proxyを例に取りましょうか。 /etc/profileをぐちゃぐちゃにしてしまう代わりに、 以下のように独自の定義を用意したファイル(/etc/env.d/99local)を作成すれば良いだけなのです。

コード表示 2.2: /etc/env.d/99local

http_proxy="proxy.server.com:8080"

このファイルを使って自分用の環境変数を設定するようにしておけば、 独自に設定した環境変数も一目瞭然です。

env-updateスクリプト

/etc/env.dには、PATH変数を定義した複数のファイルが存在します。 これは間違いではありません。env-updateを実行すると環境変数が更新される前にそれぞれの定義が順番に追加されます。 このためパッケージは(そしてユーザーも)既存の変数に影響を与えることなく、 自分自身の環境変数を簡単に追加できるのです。

env-updateスクリプトは/etc/env.d以下のファイルをアルファベット順に並べ、 その中で定義された変数をつなげていきます。ファイル名は、2つの数字で始まる必要があります。

コード表示 2.3: env-updateが変数を並べる順番

         00basic        99kde-env       99local
     +-------------+----------------+-------------+
PATH="/bin:/usr/bin:/usr/kde/3.2/bin:/usr/local/bin"

環境変数の連結はいつも起こるわけではなく、以下の環境変数のみで発生します。 KDEDIRSPATHLDPATHMANPATHINFODIRINFOPATHROOTPATHCONFIG_PROTECTCONFIG_PROTECT_MASKPRELINK_PATHそして PRELINK_PATH_MASK 他の全ての環境変数は、最後に指定された値が(/etc/env.d内のファイルのアルファベット順で) 使用されます。

env-updateを実行すると、 このスクリプトは全環境変数を生成し/etc/profile.envに記録します(このファイルは/etc/profileから利用されます)。 また同時にLDPATHから情報を抽出し、その情報を用いて/etc/ld.so.confを生成します。 それからldconfigを呼び出し、 ダイナミックリンカが使用する/etc/ld.so.cacheを再生成します。

env-update実行後すぐにその効果を確認したい場合は、 以下のコマンドで環境を更新します。 自分でGentooをインストールした方は、 インストールガイドでも以下のコマンドが紹介されていたことを覚えているかもしれません。

コード表示 2.4: 環境を更新

# env-update && source /etc/profile

注意: 上記のコマンドは現在使用中のターミナル、新しい コンソールやそれらから起動されたプロセス上の環境変数のみを更新します。 ですので、もしX11上で作業する場合は、全ての新しく開くターミナル上で source /etc/profile を実行する必要があります。 もしくは X を再起動し、全ての新しいターミナルが新たな環境変数に基づくようにします。 もし、ログインマネージャーを使用している場合は、root になり、/etc/init.d/xdm restart を実行します。 ログインマネージャを使用していない場合は、、ログアウトし、X が新しい環境変数でプロセスを起動できるように、ログインし直す必要があります。

重要: 他の変数を定義しているときにシェル変数は使うことができません。 つまり、FOO="$BAR" (ここで $BAR は他の変数)というようにはできないということです。

5.c. ローカルな環境変数を設定する

ユーザー限定の設定

グローバルな形で環境変数を設定したくない場合もあります。 たとえば、/home/my_user/binと、 現在の作業ディレクトリ(現在あなたがいるディレクトリ)をPATH変数に設定したいけれども、 同じシステムにいる他のユーザーのPATHには追加させたくない、 という場合です。 このように環境変数をローカルに定義したい場合は、 ~/.bashrc~/.bash_profileを編集してください。

コード表示 3.1: ローカルな利用のために~/.bashrcのPATHを拡張

 (コロンの後にディレクトリを指定しない場合は、現在の作業ディレクトリとして扱われます。)
PATH="${PATH}:/home/my_user/bin:"

ログインするとPATHが更新されているはずです。

セッション限定の設定

時には、もっと限定された形で環境変数を使いたい場合もあります。 たとえばテンポラリディレクトリにバイナリを作成したのだけど、 フルパスを入力するのも面倒だし、 ちょっとの間そのバイナリを使うためだけのために~/.bashrcを編集したりしたくない、 というような場合です。

このような場合は、exportコマンドを使って現在のセッションのみ有効なPATH変数を設定することができます。 ログアウトしない限りPATH変数に設定した仮の定義が有効になります。

コード表示 3.2: セッション限定の環境変数を設定

# export PATH="${PATH}:/home/my_user/tmp/usr/bin"

[ << ] [ < ] [ ホーム ] [ > ] [ >> ]


印刷

全てを見る

ページの更新日 2012年 1月 15日

このドキュメントのオリジナルバージョン の更新日は2013年 12月 18日

要約: Gentooではあなたのシステムに関する環境変数を簡単に管理できます。 この章ではどのように行うか説明し、よく使われる変数について述べます。

Sven Vermeulen
Author

Roy Marples
Author

Daniel Robbins
Author

Chris Houser
Author

Jerry Alexandratos
Author

Seemant Kulleen
Gentoo x86 Developer

Tavis Ormandy
Gentoo Alpha Developer

Jason Huebel
Gentoo AMD64 Developer

Guy Martin
Gentoo HPPA developer

Pieter Van den Abeele
Gentoo PPC developer

Joe Kallar
Gentoo SPARC developer

John P. Davis
Editor

Pierre-Henri Jondot
Editor

Eric Stockbridge
Editor

Rajiv Manglani
Editor

Jungmin Seo
Editor

Stoyan Zhekov
Editor

Jared Hudson
Editor

Colin Morey
Editor

Jorge Paulo
Editor

Carl Anderson
Editor

Jon Portnoy
Editor

Zack Gilburd
Editor

Jack Morgan
Editor

Benny Chuang
Editor

Erwin
Editor

Joshua Kinard
Editor

Tobias Scherbaum
Editor

Xavier Neys
Editor

Grant Goodyear
Reviewer

Gerald J. Normandin Jr.
Reviewer

Donnie Berkholz
Reviewer

Ken Nowack
Reviewer

Lars Weiler
Contributor

おぎうち やすお
翻訳

わただ ゆうすけ
翻訳

せーいち
翻訳

五十嵐 正尚
翻訳

武田 洋之
翻訳

村上 誠
翻訳

小林 弘樹
翻訳

真藤 直観
翻訳

萩原 佳明
翻訳

松葉
翻訳

中野 正智
翻訳

飴谷 茂寛
翻訳

村上 卓
翻訳

田中 裕也
翻訳

増田 昌也
翻訳

Donate to support our development efforts.

Copyright 2001-2014 Gentoo Foundation, Inc. Questions, Comments? Contact us.