Gentoo Logo

Nanoの基本ガイド

1.  Nanoの基本

目的

このガイドはnanoの基本操作について非常に簡潔に書かれたものです。 さらに詳しく知りたいならば次のサイトを見てください。

http://www.nano-editor.org

ファイルを開く、作成する

nanoでファイルを開いたり、作成する場合は次のようにタイプしてください。

コード表示 1.1: ファイルを開いたり作成したりする

# nano filename

nanoはviなどと違いモードの無いエディタですのですぐに文字の入力が可能です。 もし/etc/fstabのような設定ファイルを編集するのであれば次のように-wオプションを使います。

コード表示 1.2: 文章の折り返しを無効にする

# nano -w /etc/fstab

警告: 設定ファイルを開く時に-wオプションを使うことは非常に重要です。 そうしないとシステムが起動しなくなったり、他の良くないことが起こるかもしれません。

保存と終了

変更を保存したいなら、Ctrl+Oを押します。 nanoを終了するには、Ctrl+Xと入力します。 もし変更したファイルを終了するようnanoに指示したのなら、保存するか聞かれるでしょう。 保存したない場合はNを、保存したい場合はYを押すだけです。 するとファイル名を聞かれるでしょう。 ファイル名を入力してEnterを押します。

誤操作でファイルを保存するか確認された場合は、ファイル名を聞かれている時にCtrl+Cを押すことでいつでもキャンセルすることができます。

カットとペースト

一行を切り取るにはCtrl+K(CTRLを押し、kを押す)を使用します。するとカーソルのある行が消えます。 それを張り付けるにはカーソルを張り付けたい場所へ移動させ、Ctrl+Uを押します。 これで先程消した行が現れます。 段落全体を移動させたい場合は、Ctrl+Kを複数回押してそれらを切り取り、Ctrl+Uを一度押して張り付けます。 すると段落がまるごと希望する場所に現れます。

コピーする範囲をもう少し細かく制御する為にはマークを使う必要があります。 まず、切り取りたい箇所の頭にカーソルを移動させます。 そしてCtrl+6(もしくはAlt+A)を押します。 次に切り取りたい箇所の終りにカーソルを移動させます。このとき選択部分がハイライト表示されます。 選択を解除するためには再度Ctrl+6を押します。 選択範囲を切り取る為にはここでCtrl+Kを押します。 切り取ったものを張り付けるには Ctrl+Uを押します。

文字列の検索

"Search"でなく"WhereIs"と考えれば文字列の検索は簡単です。 Ctrl+Wを押して検索したい文字列を入力し、Enterを押すだけです。 同じ文字列でもう一度検索を行うには、Alt+Wを押します。

注意: nanoのヘルプテキストでは、Ctrlキーはキャレット(^)で表されています。 そのため、Ctrl+W^Wと表示され、その他も同様です。 AltキーはM("Meta"から来ています)と表示されているので、Alt+WM-Wと表示されています。

その他のオプション

もしnanoの調整に興味があるなら、/etc/nanorcを読むようにしてください。

終り

これで全て!#gentooのkiyoseとquazionに感謝します。繰り返しになりますが、さらに詳しく知りたいならば次のサイトを見てください。

http://www.nano-editor.org



印刷

ページの更新日 2006年 1月 5日

この翻訳はすでにメンテナンスされていません。

要約: このガイドは、nanoを端的に紹介するものです。nanoの基本的な操作方法に慣れ親しむためのクイックヘルプになるでしょう。

Sherman Boyd
Gentoo Doc Editor

Sven Vermeulen
Editor

yteraoka
翻訳

小林弘樹
翻訳

Donate to support our development efforts.

Copyright 2001-2014 Gentoo Foundation, Inc. Questions, Comments? Contact us.