Gentoo Logo

Gentoo 1.4 アップグレード・ガイド

目次:

1.  始める前に

準備をしましょう

あなたのGentooシステムの核の部分にメジャー・アップグレードを加えるときはいつでも、 いままで見たことが無いような問題が立て続けに起こる可能性があります。 この作業をする前に全ての重要なデータをバックアップしておくことは、 いつだって用心深くて良い習慣でしょう。 できれば、焦ってしまうことがないように、 このアップグレードのためにまとまった時間を用意してください。 あなたのマシンにインストールされている全てのソフトウェアを再度コンパイルする必要があります。

他の方法

これから紹介する方法があなたのシステムをアップグレードする唯一の方法だというわけではありません。 新しい1.4のシステムを別のパーティションにインストールして、 既存のシステム設定を再利用するという手もあります。 この方法を取ればいつでも以前のシステムにすぐに戻れるわけですから、 そう考えると利点もあります。 アップグレードするのをやめてしまうというのもひとつの方法でしょう。 やっぱり同じマシンでアップグレードしたいと思ったなら、そのまま読み進めてください。

注意して欲しいこと

Code listingの部分にemergeを実行するように書いてある場合は、 そのたびに-p--pretendオプションを使ってテストをしてみると良いでしょう。 そうすれば、 いまからやろうとしていることが本当に自分が望んでいることなのか、 チェックすることができます。

2.  同じマシンでアップグレードする

Portageをできるだけ最新の状態にする

最新のebuildの構文の中には、古いバージョンのPortageでは利用できないものがあります。 2.0.44より前のPortageを使っているようなら、Portageをアップグレードしてみてください。

コード表示 2.1

# emerge sync
# emerge -u portage

注意: Portageのバージョンがかなり古い場合は、 "unscriptable object"というメッセージを含んだエラーが表示されるかもしれません。 /usr/portage/sys-apps/portage/files/README.RESCUE を読んでその指示に従ってください。 その後、 あなたのPortageは最新の状態になるはずです。

GCCの共存の準備をする

このアップグレードの際、あなたは新しいバージョンのGCCをインストールすることになります。 2.95.3-r8より古いGCCは、 複数バージョンのGCCのインストールには対応していません。 そのため、最低でも2.95.3-r8というバージョンまでGCCをアップグレードしなくてはいけません。 また、GCCのアップグレードをすると、 あなたのシステムにgcc-configがインストールされるという嬉しい副作用もあります。 gcc-configを使うと、インストールされたいろいろなバージョンのGCCを、 あれこれ切り替えて使うことができます。

コード表示 2.2

# emerge -u gcc

gcc-configがちゃんと動いているかチェックしてみましょう:

コード表示 2.3

# gcc-config --get-current-profile

たいていのx86システムではi686-pc-linux-gnu-2.95.3と表示されるはずです。もっと古いシステムではi586-pc-linux-gnu-2.95.3となるかもしれません。

GCC 3をインストールする

これで現在インストールされているコンパイラをダメにしてしまうことなく、 新しいバージョンのGCCをインストールできるようになりました。 /usr/portage/sys-devel/gcc以下を探して、 最低でも3.2.1-r6より新しいバージョンのGCCのebuildを探してください。 あなたのマシンのアーキテクチャでstableとマークされている一番新しいものを選びます。 あるebuildがあなたのマシンのアーキテクチャでstableかどうかは、 そのebuild中のKEYWORDSという行を見ればわかります。 もし先頭に「~(チルダ)」の無いアーキテクチャ名がリストの中に入っていれば、 そのebuildはstableだということです。 3.2.2が一番新しいバージョンだったとすると、以下のようなコマンドを実行します:

コード表示 2.4

# emerge /usr/portage/sys-devel/gcc/gcc-3.2.2.ebuild

profileを変更する

次に、2種類のprofileを変更する必要があります: gcc-config用のprofileとPortage用のprofileです。

コード表示 2.5

# cd /etc
# rm make.profile
# ln -s ../usr/portage/profiles/default-x86-1.4 make.profile (「x86」はアーキテクチャに合わせて変更してください)

コード表示 2.6

# gcc-config --list-profiles (リストの中から先程emergeしたバージョンを控えてください。次で使います)
# gcc-config i686-pc-linux-gnu-3.2.2 (バージョン部分は控えておいたものに変更してください)

toolchainを再コンパイルする

今度は、あなたの新しいコンパイラを使って、核となるtoolchainを再コンパイル必要があります。 同じシェルで続けて作業をしている場合は、 gcc-configの指示どおりにsource /etc/profileと実行します。 それでは新しいコンパイラを使って、 glibcとbinutilsをemergeしましょう:

コード表示 2.7

# emerge glibc binutils

警告: この作業で、おそらくglibcを2.2などの古いバージョンから、 2.3へアップグレードすることになるでしょう。 作業後にglibcをダウングレードしないようにしてください。 glibc 2.3を使ってコンパイルしたソフトが全て動かなくなってしまい、 そのせいであなたのシステムが使えなくなってしまう場合があります。

新しいコンパイラで全てを再コンパイルする

これで、新しいコンパイラを使って全てを再コンパイルすることができるようになりました:

コード表示 2.8

# emerge -e world

注意: このコマンドがエラーのせいで止まってしまった場合は、 どこで止まっても、emerge --resumeとすることで止まった時点から処理をやり直すことができます。 そのためにはPortage 2.0.47以降が必要です。



印刷

ページの更新日 3 March 2003

このドキュメントのオリジナルバージョン の更新日は2012年 7月 24日

要約: 古いGentooがインストールされたマシンを、そのままGentoo 1.4にアップグレードする方法を説明します。

Robert Coie
Author

Jon Portnoy
Copy Editor

萩原佳明
翻訳

Donate to support our development efforts.

Copyright 2001-2014 Gentoo Foundation, Inc. Questions, Comments? Contact us.